飼育環境Rearing Environment

健康で元気な「あべどり」を飼育するためには、私たちは4大要素たる「空調管理・雛・餌・水」に重点を置き、
鶏たちがストレスなく快適でいられるような環境づくりを目指しています。

1.あべどりを育てている優秀な生産者

農場飼育成績(P.Sプロダクションスコア)2019年全農場平均「400点突破」
優秀な生産者の皆さんが飼育技術の向上に努めた結果、大きな目標を達成する事が出来ました。

飼育状況は抜群!!

飼育状況は抜群!!

空調設備の調整

空調設備の調整

舎内にて空気の流れを確認

舎内にて空気の流れを確認

2.防疫・衛生管理への取組

衛生管理表を作成し、衛生管理が遵守されているか生産者と担当者が日々チェックを行います。
鶏の健康を脅かす、ウィルスや細菌を鶏舎内へ持ち込まないよう細心の注意を払っています。

車両洗浄の実施

車両洗浄の実施

鶏舎前の石灰散布

鶏舎前の石灰散布

履き物の交換を徹底

履き物の交換を徹底

3.おいしい「あべどり」のこだわり(雛・餌・水)

柔らかくうま味の強いお肉を作る為、元気な雛・栄養価の高い飼料・きれいな水が欠かせません。
肉の基となる雛・餌・水の確認や検査を定期的に行い、品質の維持や向上に努めております。

元気な雛を購入

元気な雛を購入

研究された飼料

研究された飼料

水質検査を実施

水質検査を実施

安全・安心

農場一覧へ